NFTって何?若者の為にわかりやすく解説していきます

NFT

NFTって何?という人に今回NFTをわかりやすく解説していきます。仮想通貨との親和性も高いので、仮想通貨好きの人にも関係してくるお話です。

まず最初は難しいお話から。
NFTとは、Non-Fungible Tokenを略称された言葉。日本語で、『非代替トークン』という意味があります。初心者の人はこの意味がよくわからないと思いますので、次に、非代替トークンについて説明していきます。

NFTとは非代替性トークンとは

NFTとは非代替性トークンとは

非代替トークン。この言葉をより崩して説明すると『代わりの効かない象徴的なもの』となります。更にわかりづらくなった方に再度説明するなら

NFT商品=世界で1。唯一無二の商品。

と思って貰えればいいです。NFTができた背景としてデジタル作品に価値をつけるという事。わかりやすく言えば、あなたが撮影した写メは、誰のものでもなく、あなたのもので、その画像は唯一無二。本来ならばそこに希少性の価値がついてもおかしくない。

しかしネットで投稿し、それが拡散されれば、無価値同然のアートとなる。
そこでその写真をNFTにする事で、その画像は非代替の製品となり、一つの写メが価値のあるものになる。という感じ。つまり個人個人の作品に対し、コピー製品ができないようにするし、本物に価値をつける技術がこのNFTになります。

参照元:話題の「NFT」の仕組みと魅力を解説

NFTはなぜ人気が上昇しているのか

NFTはなぜ人気が上昇しているのか

NFTというのは2017年頃から始まった革新的技術なんですが、需要もなければ、理解者も少なく、NFT商品に大きな価値がつく事がなかったので、なんだかパッとしない技術でした。

しかし、NFTを使いツイッターSEOのジャックドージが、最初のツイートを販売。すると、そのツイート内容に対し、3億円以上もの値が付いたんです。このニュースがきっかけとなり、NFTの素晴らしさが世界に拡散。そこから、アート作品などをNFT化するユーザーが急増したんです。

ツイートなんてものは、一度でもコピーしたり拡散させたりすれば、一見なんの価値もないものですが、それを商品として保有するという発送はこれまでになかった。日常的なデジタルデータに今後はNFTを通じて価値が生まれる時代になったんです。

NFTは今後爆発的に需要が拡大する

NFTは今後爆発的に需要が拡大する

あなたが撮影した写真、作成した画像やアート、作成した音楽などなど、様々なデータが価値を持ち始める時代。今後、NFTの需要は爆発していく事間違いなし。現にNFT市場は1兆5000億円に昇っており、数年以内にここの市場は凄い事になる。

一般の方でも簡単に参入できるNFT市場。
これから、日の目を浴びることのなかったアートなどがどんどんデジタル世界で出てくる事間違いなしですし、あなた自身の個人ブランドが簡単に出来上がる時代が来るんです。

もう大手の会社や富裕層しか味合う事ができなかった世界を個人で味わう事ができる時代がくる。

NFTは今の若者は取り入れるべき知識

NFTは今の若者は取り入れるべき知識

これからの世代を生きる若い世代の人は、目まぐるしい時代の発展とともに、素晴らしいアイデアが飛び交う時代に入っていきます。そこにNFTが存在する限り、パッと思いついたアイデアに価値がつく事もある。

若いからと言って資産を築けないという常識がなくなり、誰もが毎日チャンスをつかめる時代となる。

今後NFTで販売されていく商品予想

今NFTで需要の高いものはデジタルアートや、音楽などが主流となっています。いち早くアーティストが食いついている状況。しかし今後は、様々なデータがNFTで出品される事になる。

有名人の肉声データ。ソフト。アプリ。ゲーム内の武器やキャラなどなど、デジタル世界に蔓延るすべてのデータに価値が付く可能性があるので、アイデア一つで新しいNFT商品がどんどん展開されていくでしょう

NFTを売買するには

NFT商品を売買するには、NFTマーケットプレイスという場所を活用します。
基本的に、通信販売の出品や購入と同じで、NFTマーケットプレイス内での売買は、全てがNFT商品となるので、そこまで深く考える必要はない。

NFT商品を購入した後は、それをご自身のものとして保管するのも良し。その作品を求めるユーザーに、付加価値をつけて販売するのも良し。なので作品を作れないユーザーは、今後価値が上がりそうな作品を購入し転売で利益を上げ始めている。

とにかく、これからの時代に向けて、NFTマーケットプレイスには登録しておく事。そして気が向けば、なんでもいいのでご自身のブランドを作り出品してみるといいです。

NFTは仮想通貨で決済する

現在NFTの決済手段は仮想通貨が用いられています。デジタルウォレットと言って、デジタル資産を管理するサービスが展開されており、そこに仮想通貨を預け、そこからNFT商品を購入したりする事ができる。

日本人向けのNFTならばコインチェックがおすすめ。
コインチェックは仮想通貨の販売とNFTの売買を一貫しておこなっているので、アカウントを持っておけば便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です